ブラック企業

あなたの会社はブラック企業?今すぐチェック7の特徴

あなたの会社はブラックですか?ホワイトですか?
もしかしたら、あなたの会社はオセロの盤一面もう既に黒に染まっているかもしれません…

ブラック企業でこのまま働き続け、自分の時間、家族といる時間を奪われ幸せな生活を送ることができない可能性も多々あります。

そのためにブラック企業の特徴を認識し、自分自身がこれから先もブラック企業に我々の自由を奪われることのないように知識を育む必要があります。

そこで、今回はブラック企業の見抜き方について解説していきます。

ブラック企業の特徴

特徴1:労働時間

やはりブラック企業と言われる特徴は長時間労働が多いと言われています。そもそもほとんどの人は長時間労働=ブラック企業と考える人が多いのではないでしょうか。

1ヶ月に45時間以上の残業を強いられるようでしたら、ブラック企業の可能性はかなり高いと考えられます。その理由として「36協定」で「1週間の残業時間は原則45時間」と規定しています。

さらに1ヶ月に80時間以上残業をしていると命が危険にさらされます。というのも、過労死ラインがあるからです。

度々になりますが、1ヶ月に45時間以上残業を強いる会社はブラック企業の可能性がかなり高いです。

特徴2:休日が少ない

ブラック企業は私達の自由な時間(休日等)を奪います。1週間仕事を頑張りせっかくの休日。あなたなら自分のやりたいことをやる時間に当てたいですよね?

しかし、その休日に会社から電話がかかり「ちょっとトラブル起きたから今から来て」と言われます。断れるわけもないですよね…

そうです。ブラック企業はあなたの数少ない自由な時間をなんのためらいもなしに奪っていきます。どれだけ仕事をこなそうがブッラク企業は次から次へとあなたに仕事を押し付けて、大事な休日さえも潰していくのです。

特徴3:残業代が出ない

あなたの周りで、「残業代出てないな〜」など聞いたことはありませんか?

また、あなた自身が残業代が支払われていないという体験をしたことがありませんか?

そうです、残業代が出ないというのはブラック企業の特徴です。

労働における契約は複雑になっています。国の定める労働基準法、会社独自の就労規約を一緒に捉えてしまうことが多々有ります。

「会社の就労規約だから…」と思ってしまうのは仕方のないことです。

しかし、会社で独自の規約を作ることは可能ですが、それは国の定める労働基準法を守った上のことです。

つまり、残業代が出ない理由は、会社の独自の規約と労働基準法の間をついているからなのです。

特徴4:従業員の入れ替わりが激しい

使えなくなった社員は簡単に切り捨てる。これがブラック企業の特徴です。

長時間労働・過重労働で大量に雇用した新入社員を使えるまで使い、企業が使えないと判断すれば、即座に離職に追い込む悪質な企業です。

募集・採用時の説明と実際の雇用条件・待遇が違っている。こんなことありませんか?

なぜならブラック企業は人を集めるだけ集めて、自社の利益とならない人材は必要とせず、容易に離職させていくからです。

あなたが一緒に入社した同僚、いつの間にか会社に来なくなっていませんか?

もしかしたら次はあなたの番かもしれません。

特徴5:簡単に入社できる

先述のように、ブラック企業は簡単に使えないと判断した人社員は切り離します。

また、長時間の労働に耐えることができないなどの不満から入社後すぐに退社する人もいます。

その背景により、ブラック企業では人手不足となり、緊急に人材を集める必要があります

だからこそ、求職者をいちいちふるいにかける余裕がないのです。なので、採用基準がとても簡単で「うちの会社で耐えられるか」しかないのです。
なので、ブラック企業では「やる気」「情熱」「成長」などという言葉を多々使います。

たしかに、「やる気」「情熱」「成長」という言葉は大切なことに間違いはないのですが、ブラック企業では労働者を都合よくこき使うための言葉になっています。

特徴6:パワハラ・セクハラが多い

ブラック企業では大半のパワハラ・セクハラは見て見ぬ振りをします。

先述の離職率が高い原因の1つでもあります。

最近は、職業性ストレスによってメンタルヘルスを悪化させる人も増加しています。さらに、職業性ストレスによる自殺の件数も増加しています。

ブラック企業では「仕事できないんだったら残ってやれ」「この仕事できなかったら給料カット」などは日常茶飯事で言われます。

確かに企業に属している以上、会社に貢献するのは当たり前のことですが、その仕事量に対する十分な賃金をブラック企業が支払っているのでしょうか?

さらに、仕事がしっかりとできるように企業側は丁寧に教えているのでしょうか?

そのように、ブラック企業は一方的に押し付けるだけでなんのフォローもしてくれません。

特徴7:社員の見た目

社員の見た目。これはかなり重要な特徴だと思います。

もし、毎日充実して仕事を行える環境で仕事をしている社員はどんな顔、服装で出勤したり、仕事しているだろうか?

そう、仮に忙しかったとしても顔からはやる気が見え、服装もしゃきっとしていますよね。

その反面、ブラック企業で働いている社員は毎日、毎日、いやいや出勤していますよね?

だからこそ、顔からはやる気のなさが満ち溢れ、服装はだらけています

その点でブラック企業かどうか見極めることも可能です。